ディスクブレーキはどうですか?プロチーム編

最近もっとも多い質問です。 これに一発回答はできませんがわかる範囲で書いてみたいと思います。 サイクルスポーツ3月号究極の選択2019にも コメントさせていただきました。 紙面の関係でさらっとでしたが これからのブレーキについて一言コメントしてあります。 ”MTBはリムブレーキなくなりましたよね” とも 単純にブレーキ単体の性能だけではディスクが良いのはどの乗り物をみても間違いがないですね。自動2輪4輪でリムに摩擦で止めるタイプは無いです。 自転車では山を走るMTBではほぼディスクになりました。 ディスクが制動力がありコントロールがしやすいのは乗ればすぐわかります。 ここではもしプロチームだったらどうなのか想像してみました。 プロはテクニックが常人とは全然違うのでテクニック的な部分は表には見えません。 それぞれのブレーキを選ぶのはチームの方針で要因は色々です。 チーム内面では 1監督の好み 見た目が嫌いとか。 今までも大丈夫だからリムで十分と楽観的に考えている。 機材の供給数の制限でどちらかにしか振り分けられない。 2メカニックが新機材を嫌がる (実体験) 作業時間を取れないから今年度見送り〜! 監督もあまり深く考えない。(意外と多い) 3供給フレームの事情 単にフレームが来ない、できていない。 4チームが走るレースの質 多分トップチームはこれが一番の要素。 SKYに代表されるステージ総合を狙うチームは総合絡みの選手が先頭にいる時間が長く チームカーが不在の時間が長い。 重要な山岳では狭く集団も長くなりチームカーが先頭近くまで行けない。 パリルーベのようなパンクが多いレース数が

BOMA Sai 安定のカーボンフレーム

BOMAの新型フレーム入荷しました。 カーボンはT800で今までのラインアップのなかでも割と硬めの素材です。 サイズはレギュラーサイズ トップチューブ長 515 535 の2センチ刻みに 505 525 545 のスペシャルもオーダーできる細かさです。 大事なサイズで選べるのはホント便利ですね。 BBも安心のねじ切りで実用的なカーボンフレームです。 重量は フレーム単体 930g フォーク370g カラーが特徴的なマジョーラっぽいカラーです。 他グリーン、赤、ブルーも選択可能。 カラーは P ゴールド 写真だと全然ゴールドでないですが。。 光が当たるとゴールド緑になります。 BBはねじ切りタイプ 安心BBシェル全部がアルミです。 ちょっと緑ゴールドっぽいのがわかるでしょうか。 スッキリデザインですね。 価格は180000円(税別) 重さスペックを比べればお買い得。 BOMA http://www.boma.jp/products/frame_set/sai/index.html

朝ごはん

先日ライドの後の交わされた会話での朝ごはんの話です。 よくサイクリングでハンガーノックになるケースを聞きます。 ハンガーノックとは感覚的には腹が減って力が入らない状態です。簡単に言えばガス欠です。 ハンガーノックのよくあるパターンは朝早いからということで、ご飯1ハイとか何か少しつまんだだけで走り出すというケースが多いようです。 一度ハンガーノックになってしまうと止まって休まないと回復しにくくなってきます。 それを防ぐには、そうならないような分量をあらかじめ摂るのが最良の方法です。 つまり走り始める前、朝スタートならその前に食べてから走り出します。 サイクリングではそのまま走り続けても、まあまあは走れるので、完全にストップすることは少ないですが最終的にはフラフラで進めなくなります。場合によっては倒れることもあります。 それでも1時間以降は少しづつ何かを摂った方が後半まで体力が維持できます。 途中で補給するのと最初に食べるのでは楽さ加減が違います。 レース目標の練習の場合はできるだけ止まらなくて良い分量を食べてから走り出します。 早起きしないと消化が大変ですが強くなるには消化する能力も高くないと練習量に対応できないのです。 レースは止まりませんからできるだけ止まらない練習をするのが大事です。 練習の場合、食べないままで走り出すと自分では頑張ってるつもりでも運動の負荷(強度)が低すぎて練習になりません。 ツールなど長いステージレースで体力が無い選手が先にダメになるのは内臓からです。消化ができなくなってだんだん体力が無くなります。 逆に腹が減ったからといって食べ過ぎるとそれだけ消化のエ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square