ブログ移転します

ブログが重くて表示できないことが増えてきましたので 昔のブログに戻します。 2016年12月 から 2019年4月 まではこちらでご覧になれます。 今後のアドレスは今のアドレスです。 2016年9月までの記事がのっています。 よろしくお願いいたします。 http://blog.livedoor.jp/belleequipesendai/

3T プレゼンツ グラベルテストイベント 上級編

日時    6月29日(土)   7時スタート 集合場所、スタート   加美町やくらい やくしの湯 定員 5名ほど コース 砂利道,ダートと舗装路を含む112km  獲得標高 2100m https://ridewithgps.com/routes/28795740 自転車はグラベルバイクまたはシクロクロスがおすすめ 体力ある方ならMTBも可(舗装路もあります)。 28C以下はおそらく走行できません。32c以上がおすすめです。 ダート40% 舗装路60% 今回はテスト的要素があるので色々と途中変更の可能性もあります。 参加資格  ロードレーサーで160km完走できるレベル。 単独でも帰還できること。 参加費   3500円 軽食込み 保険込み 持ち物   単独でもフォローできる装備で。 一応軽トラサポートカーはつきます。 レンタルバイク  ご希望の方はお知らせください 3Tグラベルです。 定員5名 定員になり次第締め切り お申し込みお問い合わせはメールで info@belleequipe.com

連休中の営業案内

4月29日 5月3日 6日は1時間早く閉まります。 通常と違う時間は太字です。 4月27日(土)   9 - 20 4月28日(日)  11 - 19 4月29日(月)  11 - 19 4月30日(火)  定休日 5月1日(水)  11 - 20 5月2日(木)  11 - 20 5月3日(金)  11 - 19 5月4日(土)  9 - 20 5月5日(日)  11 - 19 5月6日(月)  11 - 19 5月7日 (火)定休日 よろしくお願いします。

VeloBici 展示中& TIME プラムラインライドwith WAHOO

21日は色々重なっております。お楽しみにどうぞ! 20日(土) 21日(日) VELO BICI VELO BICIの担当の方がくわしくご説明いたします。 メンズはもちろんレディースも多彩です。 18日(木)〜21日(日) TIME  ラルプデュエズ テストライド 01と21の2種類が試乗できます。 サイズはSですので身長的には175くらいでしょうか。 車体は18日夕方以降お乗りいただけます。 シューズを使われる方はご持参ください。 21日 (日) WAHOO プラムラインライドでWAHOO・VOLTのデモを行います。 実際に車体に取り付けて実感してみてください。 詳細はもう少し後になります。 21日(日) Cycle Tour LABO (佐藤商店) プラムラインライド (締め切りました。)

MAVIC 取り扱い終了のお知らせ

ベルエキップ開店時から扱っておりましたMAVIC製品全ての販売を3月いっぱいで終了いたしました。 メンテナンス修理等の補修パーツに関しては今まで通り継続いたします。 2000年前後のMAVICはキシリウムやヘリウムなど完成車輪の走りで高精度の製品を作っていました。 電動変速機もZAP、無線のMECATRONICSなど2回も作って(2回失敗?)チャレンジャーな先進企業でした。 スピードメーター、ハブ単体、カセットギア、ツールで最初に使われたDH バーもMAVIC製が使われていました。 その後R-sysをピークにして次第に製品が簡素化されるようになってきました。 近年はウェア〜シューズなどソフト系にも参入。参入初期は良い製品をだしていました。 しかしホイールはカンパ、フルクラム、台湾メーカー等他社製品は年々レベルアップし、相対的に見てMAVICは 特別ではなくなっていました。 こんなMAVICでしたが今回取り扱いをやめる主な理由はつぎのとおりです。 1 ホイール(アルミ、カーボン)品質、組み立て、精度など全ての問題。 2 近年発売されたUSTの特に外しにくさ。 トラブル時、天候などの状況で復旧できない可能性。 4 他メーカーの進化がMAVICを追い越した。 5 近年、未完成と感じるシューズとMAVICウェアーのセット販売(これはベルエキップは除外) 特に2に関してのマヴィックUST 確かにチューブレスは各社素晴らしいです。 マヴィックは手押しポンプで空気が入ります。他社はコンプレッサーが必要です。 パンク経験のある方ならわかると思いますが、下りなどで腕が疲れている時のタイヤの脱着は

台北サイクルショー2019

今年もやってまいりました。 展示のメーカー製品をみるのも大事ですが世界の流れを見るのも大事です。 全体に言えるのは世界中E Bike が普及していること。 ピュアなサイクリスト視点では電気の力を借りて楽するなんで自転車ではないと思う方も多いと思います。 一緒走りたくても体力差があるメンバーとも同等に走れるのは大きなメリットです。 ロードは展示が減りました。 MTBもピュア人力は展示が少なくなりました。 ホイールはディスク系がほとんどでリムブレーキは奥にあるていど。 チューブレスは以外にも全部というわけでもなく選択の要素が多いようでした。 タイヤの問題のようです。 電動ユニットは MTB系のモデルにはボッシュ クロス系はシマノ ロード系はFAZUAという枠がなんとなく見えてきました。 日本では法律の関係で普及する要素は見えません。 ジャイアントグループ系のメンバーと話す機会があり、日本のマーケットは今と多分変わらないので 世界のE Bike 潮流からは外れていくだろうというちょっと寂しい意見をもらいました。 電動アシストの使い道は様々で今年はトレーラー系と仕事系の自転車が目立ちました。 さて気になったモデルご紹介 FSA 46x30 Tのクランク シマノのシフトレバーでグラベルバイクとかツーリング車が作れます。 ランドナーがあった昔はスギノとかで普通に使われていました。 コリマ  ひっぱり方向に支えられたスポーク カーボンスポークならでは。 日本では少しマイナー系ですがしっかり作られています。 原始的な発電 実用的でした。 LIV 多分新しいモデル ヘッドが特徴的 PACO 1

エスケープトレイン 熊谷達也さんと。

さて 急なお知らせですが、今週末の6日土曜日 邂逅の森で直木賞、山本周五郎賞受賞の熊谷達也さんが出した新刊 仙台を舞台にした小説エスケープトレインを書かれたバックボーンなどについてお話を聞いてみましょう! 日時 4月6日(土) 19時から 場所 アイリッシュパブ バーンズ http://www.barms.biz/ 仙台市青葉区五橋2-11-18 第三ショーケービル 1F 電話 022-221-0839 Google Map what3wards  "わふく・たりる・ひがさ" 店長の鈴木さんはサッポロビールの醸造責任者で、退職後お店を開かれました。 ここのビールは格別です。 フィッシュアンドチップスも美味しいですよ! 当日サイン入りエスケープトレインも販売いたします。 料金 キャッシュオンです。カウンターで直接お支払いください。 定員 椅子 30席ほど 立ち マックス50くらいです。 人数把握のため参加希望の方はフォームへご記入お願いいたします。 どなたでもお気軽にご来場ください! お申し込みはこちら にお願いします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square