top of page
logo-belleequipe.gif
検索

ピナレログランフォンド

ピナレログランフォンド2016

今回は20周年記念ということで参加させていただきました。 http://www.pinarello.com/lapinarello/en/la-pina-cycling-marathon

コースはメディオとフルの2タイプです。 参加したメディオは114kmプラスホテルの往復でざっと130kmほどでした。 獲得標高はオフィシャルではでていませんが1000mくらいと思いますので ベルエキップ〜 大倉ダム経由〜杜の湖畔公園往復といった感じです。 こちらがハーフコース

バイクはドグマF8xスラム eTap 新型レーシングゼロ。



前日の試走ではトレビソ近郊のグループライドです。 イタリア特にベネチア近郊は自転車にとって走りやすい環境です。 車のマナーも良く、自転車の理解度が深いですね。 最初はゆっくり。。段々速くなってトレビソにゴールする頃は時速40km超えでした。 なんでも先頭はインデュライン(過去ツール5回優勝)とピナレロ社長が引いていたらしいです。


この方がミゲールインデュラインさん 当然ながらまだまだ速いです。


スタート前


最初のエイドの少し前にあった泉に殺到。気温32度 水量が少なく『なんでこんなにチョロチョロなんだよ!』とイタリア人が笑ってました。


エイドステーション

途中の景色


最後のエイド、ここではなんとビールも出ていました。 これから高速の下りと知っていたので我慢。 イタリア良いですね〜!


最後の峠。標高は高くないですが結構きついです。あとは平地でゴール。


ゴールしました。 大会はほぼスタート直後はほぼロードレースです。 速度40kmくらいで3000人一斉スタートですから迫力あります。 ただ落車は全くみませんでした。慣れていると思います。 フルのコースの優勝者は4時間半ほどで平均35.4km/h コースを考えると日本の実業団より速いです。レース志向の人も良い経験になると思います。


上がフルコース。キツイです。 ドグマF8は店頭の試乗会ではわからなかった部分が長く乗ったらよく判りました。 振動が少なく、疲れ方が少ないです。特に高速での操縦性とダウンヒルは良いですね〜。 速度が落ちないので踏む走り方をすると脚にきます。回転で走るのが良いです。 しばらく試乗車で置くことになりました。

スラムeTapもフロントの変速に慣れがいりましたが少し走れば大丈夫です。 動きはカンパと同じくらいの感じでした。 ブレーキは変わってないはずですが進化していました。よかったです。

翌日はエリートとフィジックの見学 ELITE 昔石灰岩ライムストーンを精錬した跡を改修してオフィスになっています。建屋のほとんどは当時の構造のままだそうです。

昔のまま



この塔でライムストーンを作ったのだそうです。

新モデルの説明等がありました。

FIZIK

プレゼンシーン セラロイヤルの社内です。イタリアの会社はこういうセンスすごいです。


すごくスタイリッシュな展示と演出でした。


お昼は社内食堂


社員さんのペゴレッティ


木型


木型で試作して本生産の金型を作ります。かなりの量がありました。


フォーミングされたベース

フォームの射出以外はほとんど手作業です。

シートの圧着も手作業


裏のシール貼りも手作業。

ベースの圧入も手作業

接着後のベース保持も手作業

パレット積みもでした。FIZIK、セライヤルは全てイタリア製です。

ピナレロショップとトレビソ

トレビソ旧市街の入り口 グランフォンドはここにゴールします。

水が流れていて綺麗な旧市街


ファウスト社長の奥様とか身内の皆さんがスタッフで店頭に出ています。 日本の街の自転車屋さんと一緒です。後ろのバイクショップ側では子供用や 700cのカゴ付きピナレロも販売していました。



ピナレロショップ すぐそばに3店ほどのショップがあります。 小物、車体、ウェアーと別れています。

ということでピナレログランフォンドツアーでした。 コース的にはある程度走っている方なら160kmも完走できると思います。 ドロミテのグランフォンドよりは難易度が低めなのも参加者が多いのかもしれません。

ノンビリ参加の方はグルメフォンド(40kmくらい) ハーフ 114km ロング 158km

例年日本からのツアーもあります。 http://plus.tobutoptours.jp/bicycle/pinarello/



閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page