特集記事

タイム アクティブフォーク

TIME AKTIVフォークの内部のモデルです。

振動の収まり具合が違いますね。

たわませて振動吸収ではなくフォークやシートステー変形をさせずに内部で吸収するという

アイデアはいいです。

ゴムを挟んでいるメーカーもありましたがどうなんでしょうか。

今の振動吸収方法は

サスペンションで吸収    MTBなど

全体をたわませて吸収    カーボンコンフォート系

素材の設計自体で吸収    ドグマなどのハイエンドカーボン

AKTIVは素材内部で減衰という新しい考えです。

フォーク全体というより中から振動を減らすのが役目です。

メーカーによっては快適系バイクは下りで暴れるという話もチラホラ聞きますから

フレーム全体の剛性は大事なのだと思います。

店の奥の黒い部屋に置いてありますので興味がある方はお試しください。

http://www.time-sport.com/technologies/aktiv

最新記事
アーカイブ
タグから検索