特集記事

上海サイクルショー 2

2日目です。

2日で60%くらい見れました。

中国の自転車事情も含めてお楽しみ下さい。

子供用自転車のすごい数のチェンケースカバーとカラフルなホイール。全体に気だるい雰囲気。。

色が派手めです。今年はとにかく子供車とストライダ系が目立った気もします。

多分グラベルと思われるフレームです。チタンの処理の違いが印象的です。

なかなかいいですね。

WILIERも展示されていました。

CHINAカラートップチューブに国旗が見えますね。

改めていいフレームだと思います。

やはりかっこいいと思います。

ストライダサーキットがありました。

子供は元気ですね。

無名の変速機メーカー。なぜかLXのロゴ 。  軽量化は全く考えていません。ごついです。

電動変速機が増えてくると全く違うアイデアのメーカーも出てきそうです。

その影響か、接続するジャンクションの展示も目立ちました。

GIANTと隣り合わせにあったVUELTAホイール 今年から取扱始めます。

昔からの方には懐かしいかもしれません。今は別会社になって2019は新型がたくさん出ます。ホームページにもアップする予定です。

膝の軟骨が縮んだ感じがしたので(年)、夕方買い出しに1時間ほどMOBIKEを使ってみました。上海の多くは2輪と4輪が区別されています。または線引きされています。

でも線引きの方はあってないようなものでした。しかしながらあると安心感が違います。

逆走、信号無視は普通です。注意が必要です。

危ない感じはあまりありませんが”カオス”です。いいですね。

車が多い箇所には二輪の入れない大きな道路もありました。

スクーターも走っています、電動で静かで、スピードも出していないのであまり不安感はないと思います。

これがMOBIKE

日本にも導入されていたので登録してみたら上海でも使えました。

ステム上面の2次元コードをスキャンすると自動的にブザー音とともに解錠されます。

ブレーキはあまり効き

ませんでした。チェンタイプとシャフトタイプがありました。

使い終わったら 手動で鍵をかけて終わりです。一回使うと17円〜になっていました。

この影響で中国の一般車は打撃があったそうです。でも時々シェアバイク以外も走っていましたね。

街中はロードバイクは全くみませんでしたが小径車はよく見かけました。

以上上海サイクルショーレポートでした。

遠藤

最新記事
アーカイブ
タグから検索