​ポジション合わせ(FITTING




最近は色々なシステムで計測しながらポジションを割り出しフィットさせるタイプも増えてきました。しかし人間は柔軟性があり自転車に適応していくことでポジションも変化します。


今の時点で一番良いのはアナログだと思います。
十分経験のある人にローラーに乗ってフォームを見てもらうことでしょう。
乗り始めの人と何年か乗った人では見た感じもペダリングも随分違います。

太り具合(痩せ具合)でも体の曲げられる角度に規制があります。

それを補完するのはペダリングデータです。(パワーメーターとは別です)
ペダリングがスムーズな人はデータもいいです。また自分のクセもわかります。

データをみると膝の痛みの原因がどこにあるのかもわかる場合があります。

最近シマノがバイクフィットのモーションキャプチャー機能で視覚的に見ることができるように

なり、アナログもデータ化される可能性がでてきて、すごく便利になりました。

自分で合わせてから来られる方に全体に言えることはサドルが高すぎて
ハンドルが低すぎる方が多いです。
雑誌やウェブの影響だと思いますが、表に出てくる人はかなり乗り込んでいる人たちです。
同じように真似ても結果は違います。


また欧米人とは脚、腕の長さも全然違います。
観察していると体力レベルの高い人が合わせるポジションはレース志向でビギナーにキツイ傾向があります。また体が頑丈な人はどんなポジションでも関係ない気もします。



ベルエキップの場合フレーム選択時と納車時に2度合わせますから基本は納車時からできています。以降はレベルに応じた細かい修正のみです。SSCの場合はポジションチェックは3年無料です。



 

 



①固定ローラーを使った方法(アナログ)

最初ポジションを合わせるにはこちらがお勧め 

ロードバイク
時間 30分から1時間ほど     料金 3000円から6000円 
TTバイク
時間 30分から1時間〜1.5時間  料金 4500円から10000円くらい

 

 

 

②シマノバイクフィットを使った方法

2通りの機能があります。

1)シマノバイクフィットが出すポジションの数字。

スタティックフィット 体の数字から車体とポジションサイズを出します。 2000円

(少し大きめに出ます。体の柔軟性は無視されますがシマノの場合初回は必須です)

2)ペダリングアナライザー

スタティックフィットで出した車体とポジションの数値でペダリングを解析します。 

SSCは2回目以降4500円                         4500円〜6000円

③両方をミックスする方法

アナログでポジションを出し、バイクフィットでペダリングを計測

​下は作業のフローチャートです。モーションキャプチャーをご希望の方は

別途お知らせください

 




 

 

 

 

 

 

部品交換は別途料金がかかります。
フレームサイズが全然合っていないケースもあります。その時はすいませんが途中で終わらせていただきます。


フィッティングは予約制です。夕方が予約が空いています。    



3月から9月はベルエキップで買われたバイクの作業が優先で持ち込みはお断りする場合があります。
必ず電話、メール等でご確認ください。

ビンディングシューズ、動きやすい格好でお越しください。



参考    ポジション  フレームサイズ

 

 

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
 平日 11~20    土曜日9~20 日曜日 11~19 火曜定休
TEL 022-739-7468
お支払い方法 
現金 ​15回無金利ローン 60回分割
各種カード
​VISA  MASTER AMEX    RAKUTEN   JCB   DINERS  
アプリ
PayPay   Rakuten Pay    WeChat pay    Alipay 
電子マネー
Edy  Kitaka Quickpay  iD  Suica  nanaco はやかけん