​オーバーホール

走行距離はSSCで組んだバイクは2万キロまでは特に必要ありません。

​通常バイクの場合は一度みさせていただいて状況を確認いたします。

 この症状が気になったらオーバーホールです。

雨の中を何回も走ってそのまま。海岸線を多く走る。

  • 2万キロ以上何もメンテしていない

  • いくら調整しても変速やブレーキの調子が良くならない

  • ペダル付近からキシキシ音がする。(雨のときは音がしない)

  • 1年間思い切りマシンの心配をせずに走りたい

​距離の目安は2万キロです。

​また以下の症状がある場合は一度チェックしてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルエキップのオーバーホールの手順

まず自転車を完全に分解して、部品一つ一つにします。
 

特殊な液体の入った溶液に漬け込みます。


部品のチェックをしながら洗浄します。


もし消耗している所があれば外します。


この液体は完全に脱脂して、細かいところまで侵入した汚れも落としやすく
なります。また錆も防ぎます。

フレームもヘッドワンをのこしてバラバラにして、洗浄と点検します
点検はストレスのかかるBB、ヘッド、エンドを中心に見ます。

部品が乾いた後、注油と消耗部品の交換をしながら、組付けしていきます

組み付けは新車と同様に、次回の洗車調整でいたまないように、組み付けます
フレームのBB部分などの当たり面などを削ることもあります。

バーテープなどを交換した後、完全に乾燥しているのを確認してチェン等に
注油して完成です


 

 

                     フルオーバーホール全部バラバラ

      SSC(ベルエキップの完成車)SSC ロード    車体とホイール10000

      一般ロード                 (車体のみ)40000

      一般MTB                  (車体のみ)45000

      一般MTB フルサス              (車体のみ)50000

      セミオーバーホールBB,ワイヤー交換、カセット、クランク変速機分解洗浄、チェン

      一般ロード                 (車体のみ)25000

      一般MTB                  (車体のみ)30000

      一般MTB フルサス              (車体のみ)35000

トレックグループのメンテナンス全般についてフレーム関連の消耗品はあらかじめ

CYCLE STORE FIRSTにて用意下さい。
ロロフ、ボントレガーのホイールは洗浄のみとなります。

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

  •  

症状 クランク軸(BB)付近の音

BBが緩んでいたり、圧入式の場合はそのまま入れている場合に起きます。

​一度外して適正に入れれば解消しますがBB30タイプは定期的なメンテナンスが必要です。

症状 変速の不調

微調整(ワイヤーの張り具合)ができていない場合がほとんどです。しかしワイヤーの長さが適正でスム〜ズな流れでないと調整を繰り返してもうまくいきません。

​リアエンドが曲がっている場合も多いです。

​オーバーホールの時にワイヤーは全て交換して長さも揃えます。

症状 駆動系の不調、違和感

一番多い原因はチェンが伸びすぎている場合です。

チェーンは3000kmごとに交換するのが全ての機材を長持ちさせる秘訣です。

​伸びすぎるとスプロケットも交換が必要で、それより磨耗が進むとギア板も交換が必要になります。

チェーンはオーバーホール時はかならず交換します。

​ギア板が磨耗している場合は一度チェーンだけ交換して様子をみます。

症状 ハンドル周りのガタ

ヘッド部分のガタはフレームに致命傷を与えてしまいます。

走行中に破損したケースもあります。

だれでも触れる反面重要な部分です。定期的にメンテナンスが必要です。

SSCではテーパーヘッドベアリングの耐久性は格段にアップ(3倍くらい持ちます)します。

(オプション設定あり)

一般に組み立てた場合は一回目に必ず300km以内、その後3000kmくらいごとでチェックが必要です。

ヘッドのガタがひどい場合フレーム破損するケースが時々あります。

​簡単にさわれる部分ですが意外と細心の注意が必要です。

症状 ホイールガタ、異音

一番多いのがハブのガタです。次に車輪のセンターがズレている状態。

リムのフレはほとんど修正可能です。

センターのずれは完組と言われるホイールはロット、流通経路によって大きなばらつきがあります。

ずれたまま距離を乗ると修正ができなくなるホイールもありますので注意が必要です。

他スポークの緩みによる異音。​バルブ周りの異音などが多いです。

症状 突然発生する不調

右側に転んだり倒した場合にリアエンドが曲がって変速が狂う場合があります。

そのまま使うとフレーム破損につながります。

異音 キシキシ、パキパキ音がだんだん大きくなる。フレーム破損やハンドル、サドル周りのチェックが必要です。

​オーバーホール時に確認します。

Please reload

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
 平日 11~20    土曜日9~20 日曜日 11~19 火曜定休
TEL 022-739-7468
お支払い方法 
現金 ​15回無金利ローン 60回分割
各種カード
​VISA  MASTER AMEX    RAKUTEN   JCB   DINERS  
アプリ
PayPay   Rakuten Pay    WeChat pay    Alipay 
電子マネー
Edy  Kitaka Quickpay  iD  Suica  nanaco はやかけん